時を戻せるシューティング/超時迷宮レジオン

SPINNER 87 LEGION -1987年(日本物産)

縦スクロール型のシューティングゲーム

ボンバーが敵攻撃ではなく、

ほんの少し時間が戻るのが特徴

また、

面が順序通り進まない構成になっている

超時迷宮レジオン-ゲーム画面
<超時迷宮レジオン-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは攻撃と、制限ありのボンバー

<スポンサーリンク>


超時迷宮レジオンをやってみる

1987年ごろは “ゲーム”、と言えば

スクロール型シューティング、という時代で

数々のシューティングが登場しました

そんな中で、本作は かなり変則的な

工夫が盛り込まれています

ボンバーは “時”を戻す?

厳密には “ボンバー”ではありません

2つ目のボタンで押すと、

超時迷宮レジオン-ボンバー
<超時迷宮レジオン-ボンバー>

一瞬画面がグレー化し、元の色に戻ると

ほんの少しだけ時間が戻ってます

これで生き返りが可能、なんですが

タイミングが難しく、

3連発しないとダメかも知れません

エリア終盤で気になる標識

エリア1(本作では 面 = エリア )の

終盤で、気になるものがあります

超時迷宮レジオン-エリア1-1
<超時迷宮レジオン-エリア1-1>

「近道」

どうやら左上を指しています

そして、選択式の門が現れます

超時迷宮レジオン-エリア1-2
<超時迷宮レジオン-エリア1-2>

左がエリア7、右がエリア9のようです

「あれ? 右のほうが

最終地点への近道のような・・・」

です

これはたぶん、エリアの繋がりが順不同で

9面より 7面のほうが近道なのでしょうね

<スポンサーリンク>


超時迷宮レジオンの最後は?

全12エリア

“近道” どおり進めば 12面もやりませんが

1面そのものは長めだと思うので、

全体としては そこそこのボリュームです

ラスボス戦、最大の難所

「ラスボスだから当然でしょ?」

と、思われるかもしれませんが

ここまでのステージボスは 割と楽勝です

ここだけが大変なのです

超時迷宮レジオン-エリア12-1
<超時迷宮レジオン-エリア12-1>

真ん中に大きな穴があり、

奥にアヤシイやつが見えていながら、

空母のような敵が現れ、そいつと戦います

ラスボス、第二形態へ

空母の左右をやっつけると

中央部分が変形し、第2戦です

超時迷宮レジオン-エリア12-2
<超時迷宮レジオン-エリア12-2>

これでまだ終わりではありません

本当のラスボスか?

デモ画面にいたやつです

超時迷宮レジオン-エリア12-3
<超時迷宮レジオン-エリア12-3>

デカいキャラですが、

当たるのは胸の赤い部分だけです

こいつを倒すと 本当の終わりです

じゃあ、穴の奥のアヤシイやつは?

結局スルーしてしまい、

この後エリア1 になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>