19XX THE WAR AGAINST DESTINY

登場年は1996年(カプコン)

“ナインティーンダブルエックス”と読む

縦スクロール型のシューティングゲーム

同社、“1942” のシリーズとなる

19XX-ゲーム画面
<19XX-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットと弾制限のあるボンバー

<スポンサーリンク>


19XXをやってみる

1942から始まったこのシリーズは

「カプコン19シリーズ」とも呼ばれるそうです

1942
1943 ミッドウェイ海戦
1943改
1941 COUNTER ATTACK

に 続くのが本作

これまでは名前の通り、

第二次世界大戦を舞台としていたのですが

本作では、現実と同じ年代と想定している

ようで 世紀末の戦争、という感じです

ステージ1を見てみます

まず攻撃目標が指示されます

19XX-ステージ1-1
<19XX-ステージ1-1>

敵は日本の飛行機のようですが、

では私は いったいどこの国の人?

第二次世界対戦であればアメリカでしょうけど

最終地点で その “亜也虎改”と対戦です

19XX-ステージ1-2
<19XX-ステージ1-2>

すごい巨大なプロペラ機です

現代においてありえない感じですが、

1942っぽくは あります

そして任務完了すると、

19XX-ステージ1-3
<19XX-ステージ1-3>

こんな感じです (これは1943っぽい?)

日本の飛行機を倒したのに、

倒した側(プレイヤー)が日本っぽいですね

本当に私は

いったいどこの国に属しているのだろう?

個性的な軍用機

まあ ゲームはみんなそうですが、

本作もかなりおかしなものが登場します

ステージ4のボスは 中型の船ですが、

19XX-ステージ4-1
<19XX-ステージ4-1>

「よっしゃ、倒した!」

と思ったら、船が裏返って

19XX-ステージ4-2
<19XX-ステージ4-2>

再び一から壊していく必要があります

この船、どうなってるの?

<スポンサーリンク>


19XXの最後はどうなる?

全7ステージ

ボリューム的には少な目かも知れませんが、

現実離れした大型軍用機も いろいろ登場し、

まずまず楽しめる内容です

ステージ7、いきなりピンチ?

このステージだけ攻撃目標がありません

ステージ開始直後、

2機の巨大ミサイルが発射されます

その後 一回ボス戦があり、

先ほどのミサイル登場です

19XX-ステージ7-1
<19XX-ステージ7-1>

2機のミサイルに加え、

あやしい黒の戦闘機もいます

巨大ミサイル、倒したが・・・

ついにミサイル大爆発!

19XX-ステージ7-2
<19XX-ステージ7-2>

でしたが、

この後ミサイルの先端だけ逃げていきます

「これは失敗だったのか?」

という疑問が残りますが、

黒の戦闘機をやっつけたいと思います

ついにラスボス登場!

「残りは黒の戦闘機!」

と思っていると左から・・・

19XX-ステージ7-3
<19XX-ステージ7-3>

デカい黒の戦闘機登場

どうやらこいつがラスボスのようです

そしてエンディングへ

まず、逃したミサイルの先端登場です

19XX-エンディング1
<19XX-エンディング1>

スタッフロールが始まる中、

先端は地球に向かって飛んでます

すると、自機がミサイルの先端を撃ちます

19XX-エンディング2
<19XX-エンディング2>

少し経ってからミサイルが爆発します

画面いっぱいに爆発するので

成功したのか 地球が爆発したのか

よくわかりません

その後、

19XX-エンディング3
<19XX-エンディング3>

こんな感じの画面になるので、

成功したんでしょうね

ゲームはこれで 完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>