マリオが敵役、息子が親を救出/ドンキーコングJR.

DONKEY KONG JUNIOR-1982年(任天堂)

画面固定型のアクションゲーム

前作ドンキーコングで、悪役だった

ドンキーコングがマリオに捕まってしまい、

息子が親であるドンキーコングを

救出に向かうというゲーム

操作は 4方向レバーと ボタン1つ

ボタンはジャンプするのに使用

<スポンサーリンク>


ドンキーコングJR.をやってみる

今回はドンキーコングの息子である

“ジュニア” が主人公のゲームです

前作でドンキーコングを捕らえたマリオが

本作では 敵になるという、何が正義で

悪かを 考えさせられるゲームですね

ドンキーコングJR.-ステージ1-1
<ドンキーコングJR.-ステージ1-1>

ゲーム開始時には、2人のマリオに

捕らえられている演出です

2本使って登ると速い?

本作での一番のアイデアだと思います

1本のツタを登るより 2本使うと

素早く登れます

ドンキーコングJR.-両腕使用
<ドンキーコングJR.-両腕使用>

ただし、敵に接触する確率は高くなります

ゴールまでは1本道?

最上段にある“鍵”に到達することが

このゲームの目的です

到達への経路は、複数あるように

見えますが、実は ほぼ一本道です

ドンキーコングJR.-ステージ1-2
<ドンキーコングJR.-ステージ1-2>

ツタからツタへのジャンプは出来ないので

画面右下からしか上方へは進めません

ステージ2では、

ドンキーコングJR.-ステージ2-1
<ドンキーコングJR.-ステージ2-1>

これも画面右下へ一度行かないと

上部へは進めません

<スポンサーリンク>


ドンキーコングJR.の最後は?

昔のゲームの特徴でもある、

延々と続くタイプです

ですが、4種類の面を繰り返すので

4面が一応の最終面です

最終面だけ特殊なリール

全ての鍵を上方に持っていくステージです

ドンキーコングJR.-ステージ4-1
<ドンキーコングJR.-ステージ4-1>

2つを一度に運ぶこともできます

これを完成させると、

ドンキーコングJR.-ステージ4-2
<ドンキーコングJR.-ステージ4-2>

ドンキーコングとマリオが落下してきます

ドンキーコングはジュニアに

受け止められます

最後の演出は・・・

マリオはドンキーコングを追って

画面右側に進みますが、

ドンキーコングJR.-ステージ4-3
<ドンキーコングJR.-ステージ4-3>

ドンキーコングに蹴られて

吹っ飛ばされてしまします

この後、1面に戻りますが、

敵のスピードが かなり速くなっています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>