インベーダー超えか?/ギャラクシアン

Galaxian-1979年(ナムコ)

世間を騒がせた“スペースインベーダー”が

ゲームの覇権を取っていた時代、

このゲームの登場で ゲーマーの心は

一斉に動いたのでは?

左右移動用の2方向レバーと、攻撃用ボタン1つ

という操作方式がインベーダーと同じで、

敵が編隊を組んでいるという点も 同じでした

<スポンサーリンク>


ギャラクシアンは ここが違うぞ

このころは製作が タイトーだとかナムコだとか

言わない時代でしたので、

・ ギャラクシアン = パクリ

ではなく、

・ ギャラクシアン = 進化

と思われていたのでは?

色が付いたぞ!

今さらこのレベルの話をしても仕方がない気もしますが、

インベーダーはモノクロでした

(ディスプレイに色付けをして、

カラー風にしてたものもあります)

ギャラクシアンは敵にも色分けして

キャラを立たせています


<ギャラクシアン-ゲーム画面>

敵が飛んでくるぞ!

これはギャラクシアンの大きな特徴です

単独飛行するものや、編隊で飛んでくるものもいます

<スポンサーリンク>


基本、点取りゲーム

遊び方はプレイヤー次第なんですが

この時代のゲームは点取りゲームです

ゲームのアイデアにも、そんな仕組みが

盛り込まれています

飛んでくる敵はポイント2倍!

編隊を組んでいる状態は倒しやすいんですが、

飛んでくる状態は2倍の点数となります

飛んでくるまで攻撃しない!

なんてプレイスタイルもアリです

一攫千金(?)800点!

ボスが2体の手下を連れてくるときに、

手下2体を倒してから、ボスを倒すと

800点(このゲームの最高得点)が入ります

このような編隊のときです


<ギャラクシアン-800点のチャンス>

正直、上記のタイミングでは手遅れです

3体も撃てません

ですので、成功したときの画像


<ギャラクシアン-800点取得>

これ、難度が高いです

このゲーム、弾の出が悪い!(気がします)

撃った弾が外れると かなり待つことになります

スペースインベーダーを超えたか?

タイトルにもありますが、

正直、超えてはいません

(ギャラクシアン自体は大ヒット作品です)

さすがに インベーダーの偉大さは計り知れません

ゲームとは、パクリであり進化でもあるという

印象を強く残した作品であると思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>