ツインビーのようなシューティング/プラスアルファ(AC)

アーケードゲーム

PLUS ALPHA-1989年(ジャレコ)

 

縦スクロール型のシューティングゲーム

 

ポップな背景やキャラクター、

明るいBGMなど

ツインビーを意識したと思われるゲーム

 

操作は 8方向レバーと ボタン 2つ

 

プラスアルファ(AC)をやってみる

 

「これはやっちまったか?」

と、思わず言ってしまうほど

ツインビー感のあるゲームです

 

プラスアルファ(AC)-ゲーム画面
<プラスアルファ(AC)-ゲーム画面>

 

ツインビーのベルシステムはありませんが、

敵を倒すとフルーツになるなど、

続編っぽさすら あるように思えます

 

ですが 初代ツインビーから4年もたっており、

アーケード版の続編「出たな!!ツインビー 」

の前に登場させたとあっては、

罪の軽い(?)パ○リでしょう

 

(ファミコン版は 先に続編が出てますが)

 

意味不明のプレゼントゲーム

 

ステージ終了ごとに

「PRESENT GAME」と称された

スロットマシン的なイベントがあります

 

プラスアルファ(AC)-プレゼントゲーム
<プラスアルファ(AC)-プレゼントゲーム>

 

絵がそろうと

何らかのプレゼントがあるわけですが、

わかりにくいのでまとめてみると

 

・ 「1UP」 女性1

・ 「SHOT UP」 女性2

・ 「HYPER supplement」 ロボット

・ 「10000points bonus」 猫

・ 「See you later」ドクロ

 

この5種類のようです

 

ツインビーと間違えないように!

 

1面からツインビーのような背景でしたが

2面では雲が浮かんでいます

 

プラスアルファ(AC)-ステージ2
<プラスアルファ(AC)-ステージ2>

 

いくら撃っても ベルは出ません

(あたりまえ?)

 

これは ワザと似せてきてるでしょう!

 

プラスアルファ(AC)の最後は?

 

全7ステージ

 

長くはないですが

割と単調な部分もあって、

最後まで到達するころには

「やっとか」みたいな感じでした

 

ステージ7、ラスボス戦

 

巨大戦車、のような敵です

 

プラスアルファ(AC)-ステージ7
<プラスアルファ(AC)-ステージ7>

 

開始時、おもいっきり突っ込んできます

 

この瞬間だけが難関で、

そこを乗り切れば難しくない相手です

 

そしてエンディングへ

 

まず、街の上空を自機が飛びます

 

プラスアルファ(AC)-エンディング1
<プラスアルファ(AC)-エンディング1>

 

自機が去ったあと、街が明るくなります

 

エンディングは この演出だけですね

 

続いて スタッフロールになります

 

それが終わると 画面が切り替わり、

 


<プラスアルファ(AC)-エンディング2>

 

やっと、主人公たちが紹介されました

 

1P側が SELIA(セリア)で

2P側が RUMY(ルゥミィ)ですね

 

男女コンビにしてくれたら、

さらに突っ込み所になりましたが・・・

 

この後、2周目となるわけですが、

3面からのスタートです

 

1、2面は 練習面という意味でしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました