狙われしジパング、羅王剣目覚める/剣豪

KenGo-1991年(アイレム)

横スクロール型のアクションゲーム

タイトル通り、主人公は剣の達人(?)

という感じのキャラクター

剣を武器に、敵を倒し続けていきます

剣豪-ゲーム画面
<剣豪-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン1つ

<スポンサーリンク>


剣豪をやってみる

単純明快、とっつきやすいゲームです

近距離は剣で切り、溜め撃ちすると

そこそこの遠距離攻撃もできます

オープニングで悲しい出来事

お姫様(らしき人)が逃げてきた感じです

剣豪-オープニング1
<剣豪-オープニング1>

中央で倒れ、悪漢たちに囲まれます

そしてなんと!

剣豪-オープニング2
<剣豪-オープニング2>

切られてしまいます

主人公が駆けつけますが、時すでに遅し!

剣豪-オープニング3
<剣豪-オープニング3>

はじめから こんな結果って・・・

どうせなら、

さらってくれません?

主人公のモチベーションは恨み?

シューティングでもないのに溜め撃ち

アイレムといえば R-TYPEですが、

なんでもかんでも溜め撃ちというは

いかがなものか、という意見はさておき

本作でも溜め撃ちがあります

剣豪-溜め撃ち
<剣豪-溜め撃ち>

正直、かなり強力です

ボス戦などでは、剣を振りまくり・当てまくり

なんて目じゃないほど

溜め撃ちの威力は絶大です

<スポンサーリンク>


剣豪の最後はどうなる?

全5ステージで 割と短いです

ステージ5は ボスラッシュとなってます

ついにラスボス戦

ついに、と言うほど長くなかったですが

剣豪-ステージ5-1
<剣豪-ステージ5-1>

今までのボス同様、

溜め撃ちを多用することになります

倒せばお約束の・・・

ラスボス、2戦目

第2形態になるわけではなく、

背景と思われたヤツが 敵でした

剣豪-ステージ5-2
<剣豪-ステージ5-2>

こいつを倒せば終わりです

そしてエンディングへ

まずはメッセージです

剣豪-エンディング1
<剣豪-エンディング1>

「BLUE DRAGON AND RED DRAGON
HAD AVENGED THE DEATHS OF
FAMILY MEMBERS WHO WERE
BRUTALLY MASSACRED. THE 2
WARRIORS LEFT BEHIND THEIR
MIGHTY SWORDS ASURA AND
SIVA BEFORE VANISHING INTO
THIN AIR.
BLUE DRAGON AND RED DRAGON
WERE NOT HEARD FROM AGAIN.」

グーグル翻訳すると、

「ブルードラゴンとレッドドラゴンは、
残忍に虐殺された家族の死を復讐した。
2人の戦士は強大な剣ASURAとSIVAを
置き去りにして、
薄い空に消え去りました。
ブルードラゴンとレッドドラゴンからの
連絡はありませんでした。」

2人同時プレイが出来るので、

ブルードラゴンとレッドドラゴンは

主人公である剣士とことでしょうね

結局、復讐の物語 ってことでしょうか

さらにメッセージは続きます

「YET THEIR EFFORTS EARNED THEM
EVERLASTING GLORY. THEY HAD WON
A PLACE IN THE HEARTS OF PEOPLE
EVERYWHERE.
AND SO IT WAS IN THE YEAR 1600
IN JAPAN. THE WICKED ARMY WAS
CRUSHED. THE CIVIL WAR WHICH
TORE THE COUNTRY APART FOR YEARS
STARTED SIMMERING DOWN. PEACE
WAS AT HAND.

HOWEVER THE DECISIVE BATTLE HAS
YET TO BE WAGED」

グーグル翻訳すると、

「それでも彼らの努力は彼らに
永遠の栄光をもたらしました。
彼らは至る所で人々の心の中で
場所を勝ち取りました。
それで日本では1600年でした。
邪悪な軍隊は押しつぶされました。
何年にもわたって国を引き裂いた
内戦はじわじわと始まった。
平和は間近でした。

しかし決定的な戦いは
まだ行われていません」

これは普通に 日本の歴史について

語っているのでしょうね

この後、2羽の鳥が飛ぶ映像になり、

最後になんと!

剣豪-エンディング2
<剣豪-エンディング2>

生きてらっしゃいました?

先ほどのメッセージ(の訳)で

虐殺された家族の死を復讐した

とありましたけど・・・

それとも不思議な力で甦った?

よくわからないまま、ゲームのほうは

完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>