筋斗雲に乗って中国の山々へ/中華大仙

CHUKA TAISEN-1988年(タイトー)

横スクロール型のシューティングゲーム

タイトル通り、中国を舞台としているため

背景や敵キャラは それっぽい演出

中華大仙-ゲーム画面
<中華大仙-ゲーム画面>

プレイヤーは孫悟空のようですが、

筋斗雲に乗っているだけで別キャラクター

操作は 8方向レバーとボタン2つ

ボタンは通常ショットと法術

法術も弾制限の無いショット(が多い)だが、

ゲーム中に入手しなければ使えない

<スポンサーリンク>


中華大仙はマジメなゲーム?

ふざけてるゲームなんてないのですが、

本作は 普通にシューティングです

弾を避けて 敵を早めに倒す、という

基本テクニックが全てです

自身の強化が必須

シューティングにありがちな

自機強化型です

中華大仙-アイテム
<中華大仙-アイテム>

“力”を取ると 自身の弾が強化

“速”を取ると 自身の移動速度が強化

他にも “連”や “命”などがあります

“力”の強化を続けると、

ここまでになります

中華大仙-パワーアップ
<中華大仙-パワーアップ>

こうなれば、かなり有利です

しかし、死ぬとノーマル状態に

戻りますので ご注意を

すり抜け厳禁?

自身が画面全体に対し、やや大きいという

特徴があります

その上、敵の弾との当たり判定が厳し目です

他のシューティングと同等のすり抜けは

できないと思ってください

すり抜けを続けると、敵にこちらの弾を

当てやすくなるという利点もありますが、

このゲーム 死ぬとかなり痛いです

大きく旋回して避けることを考えましょう

<スポンサーリンク>


中華大仙の最後は

全5ラウンド制

この手のシューティングにしては短いです

最後の敵は龍

ラウンド5のボス戦が最後となります

中華大仙-ラウンド5
<中華大仙-ラウンド5>

今までのボス戦とは違い、難しいです

(4面までは比較的簡単です)

多くの弾を撃ってくるので、

すり抜けか、大きく旋回かの判断で

勝敗を分けます

そしてエンディングへ

各ラウンドクリア後に出てきた仙人(?)を

バックにメッセージが表示されます

中華大仙-エンディング
<中華大仙-エンディング>

全文です

「THUS, THE END OF THE
LONG JOURNEY OF MICHAEL
CHEN. CHEN, AS HIS WISH
HAS BECOME THE STRONGEST
SUPERHUMAN IN THE WORLD.
PEOPLE PRAISE HIM AND
CALL HIM THE GREAT
“CHUKA TAISEN.”」

グーグル翻訳すると、

「このように、
マイケルチェンの長い旅の終わり。
彼の願いが世界で最も
強い超人になったように、チェン。
人々は彼を賞賛し、
彼を偉大な「チューカ大戦」と呼ぶ。」

となりました

これで完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>