小夜ちゃんが七福神を救出/奇々怪界

アーケードゲーム

KiKi KaiKai-1986年(タイトー)

 

上下左右にスクロールするアクションゲーム

 

主人公である小夜ちゃんが さらわれた

七福神を救出していくストーリー

 

ちなみに四字熟語のほうは「奇々怪々」

なので間違えないように!

 

奇々怪界-ゲーム画面
<奇々怪界-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

ボタンはどちらも攻撃用で、

お祓い棒(近距離)と お札(飛び道具)

 

奇々怪界は、ほぼシューティング?

 

武器が2種類ありますが、ほとんどが

遠くまで飛ぶ お札攻撃となるでしょう

 

お祓い棒は自分付近にしか効果がありませんが、

敵によっては頼りになります

 

後方の敵はスルー!

 

一本道のマップでどんどん進めます

後方へ逃した敵は無視して、

前方の敵だけに集中しておけば

(だいたいは)大丈夫です

(後方の敵にも注意が必要なところも)

 

まとわり付く敵は お祓い棒

 

敵に囲まれた場合は、お札よりも

お祓い棒のほうが有効な場合があります

 

奇々怪界-お祓い棒
<奇々怪界-お祓い棒>

 

お札よりも広範囲に当たるので、

体当たりしてくる敵には向いています

 

シーンの最後はボス戦

 

このゲームでは面を “シーン”と呼びます

最終地点で閉じ込められ、ボス戦になります

 

奇々怪界-ボス戦
<奇々怪界-ボス戦>

 

倒せば七福神の一人が現れ、

救出したことになります

 

奇々怪界-七福神救出
<奇々怪界-七福神救出>

 

となると、7面で終わる予定なんですが・・・

 

奇々怪界の最後はどうなる?

 

このゲーム、シーン8まであります

 

シーン7のボスを倒し、7人目の七福神を

救出すると全員登場となり、

 

奇々怪界-シーン7クリア
<奇々怪界-シーン7クリア>

 

「宝船がないんですけど!」

 

と言われ、シーン8になります

 

最終面、シーン8

 

上下に無限ループの地形となってますので、

いくら登っても下がっても 抜け出すことは

できません

 

たくさんある お地蔵さんの中から

3つの巻物を探し出します

 

奇々怪界-シーン8
<奇々怪界-シーン8>

 

この画像では、巻物が出現したところです

巻物は お祓い棒を振り回さないと

出現しません

 

そしてエンディングへ

 

巻物を3つ取った状態で上方向に進めば

宝船に着きます

 

奇々怪界-エンディング
<奇々怪界-エンディング>

 

「KORENITE
MONONOKE NI
TSUKARESHI
YONONAKA
HEIWA NI
NARU MONO
NARI」

 

英語ではなくローマ字ですね

 

「これにて物の怪に憑かれし世の中
平和になるものなり」

 

この後、キャラクター紹介とスタッフ紹介が

続き、2周目に入ります

コメント

タイトルとURLをコピーしました