舞台は中国三国時代/臥竜列伝(がりょうれつでん)

garyo retsuden-1987年(データイースト)

縦スクロール型のシューティングゲーム

飛び道具で攻撃し続けるが、スクロールが

強制ではないし、アクションゲームとも言えるかも

戦場の狼(1985年カプコン)

フロントライン(1983年タイトー)と似たタイプ

臥竜列伝-ゲーム画面
<臥竜列伝-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

<スポンサーリンク>


臥竜列伝をやってみる

中国の三国時代を元にしてるため、

中国っぽいゲームデザインです

でもたぶん、実際の歴史とは違うシナリオ

だと思います(私は全然詳しくないですが)

まずはプレイヤーセレクト

この 3人から選びます

臥竜列伝-セレクト画面
<臥竜列伝-セレクト画面>

・ 関羽雲長
・ 劉備玄徳
・ 張飛翼徳

こちらは実在した人物のようです

今回は真ん中の “玄徳”を選びました

この手のゲーム特有の難点

難点といいますか、あるあるですね

それは「敵から逃げると攻撃ができない」

という部分です

こちらの攻撃は自機が向いている方向なので、

敵から逃げている状態になると

攻撃を当てられないのです

結局、逃げ続けていると追い詰められて

一死、というわけです

戦闘機のシューティングゲームでは 攻撃方向が

一定なので、こればかりは うらやましいかも

面クリアすると領土を制覇?

各面は “第○巻”と表示されます

「第一巻 万里」 をクリアすると

臥竜列伝-ステージクリア
<臥竜列伝-ステージクリア>

領土を奪った感じになります

面クリアごとに増えていき、目指すは全領土?

ゲームの目的が判明

「第四巻 長江」 をクリアすると

今までにはなかった画像が、

臥竜列伝-第四巻クリア
<臥竜列伝-第四巻クリア>

上がラスボス、下が救出すべき女性(お姫様?)

なんでしょうね

それにしても ラスボスの衣装は、

本当に中国か?

・・・赤影?

<スポンサーリンク>


臥竜列伝の最後はどうなる?

クリアごとに領土を制覇していき、

7巻目の長安をクリアすると、

臥竜列伝-第七巻クリア
<臥竜列伝-第七巻クリア>

「やったー!全クリしたよー!」

の画面でしたが、

最後に、「第八巻 妖宮」が始まります

ついにラスボスとご対面

第八巻は どんでもなく難しいです

ボスなみに耐久力がある敵が

わんさか出てきます

逃げ切るのが攻略ですが、

何体かは戦わなければなりません

そしてラスボス登場です

臥竜列伝-第八巻
<臥竜列伝-第八巻>

ほんとうに赤影っぽいかも・・・

彼の名前は 呂布(りょふ)、

実在した人物のようです

そしてエンディングへ

1画面表示されるだけです

臥竜列伝-エンディング
<臥竜列伝-エンディング>

「MANY THANKS
FOR YOUR COURAGE」

散々漢字表記だったのに

ここに来て英語です

まあ、中国語で書かれても

困るわけですけど・・・

ゲームのほうは、2周目になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>