石野陽子とタイアップ/テディーボーイ・ブルース

Teddy Boy Blues-1985年(セガ)

上下左右にスクロールする(強制スクロールでない)、

アクションゲーム

石野陽子(現:いしのようこ)とのタイアップで

発売された

タイトルは、石野陽子のデビューシングルと同名

テディーボーイ・ブルース-ゲーム画面
<テディーボーイ・ブルース-ゲーム画面>

操作は8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 攻撃用ショットとジャンプ

操作するのは石野陽子ではなく、

テディーボーイという少年

<スポンサーリンク>


テディーボーイ・ブルースのデザイン

アイドルを使ってゲームファンを釣るという、

ちょっと姑息な感じもします

タイアップにされた石野陽子の気持ちは

今となっては どうでもいいのですが、

この(ゲームの)後の彼女の活躍期間を考えると

特に問題なかったと思われます

石野陽子はゲームに出てない!?

せっかくのタイアップなのに

出演シーンはデモ画面とボーナスステージ

の開始時だけです

テディーボーイ・ブルース-ボーナス開始前
<テディーボーイ・ブルース-ボーナス開始前>

似てるのか似てないのか・・・

ゲーム自体は、いたって簡単?

敵を全て倒すとステージクリアとなります

ですが 時間制限もあり、

これが 結構厄介でもあります

敵を撃つと 小さな敵に変わり、それを

取ることで得点になります

小さな敵を そのままにして置くと

ハエに変わりそのハエが・・・

テディーボーイ・ブルース-残り時間
<テディーボーイ・ブルース-残り時間>

残りタイムを食べていき(加速し)ます

<スポンサーリンク>


テディーボーイ・ブルースの最後は?

全43面

1面自体は短いですが、トータルとしては

割と長丁場になります

最終ラウンド43は・・・

いたって普通です

テディーボーイ・ブルース-ラウンド43
<テディーボーイ・ブルース-ラウンド43>

難しいことはありません

本当に普通の面でした

最終面のクリア後は!?

普通に44面が始まります

テディーボーイ・ブルース-ラウンド44
<テディーボーイ・ブルース-ラウンド44>

これは1面と同じです

つまり延々とループを繰り返すゲームです

この時代ですからエンディングが用意

されてないタイプでしたね

・・・陽子ちゃん目当てでプレイした人、

残念!

(私は違いますよ)

でもせっかくのタイアップなんだから、

何か用意してくれてもよかったのでは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>