世界中で戦う忍者/伊賀忍術伝 五神の書

Ninja Kazan-1988年(ジャレコ)

横スクロール型(縦もある)のアクションゲーム

プレイヤーは伊賀忍者のカザンで、

密書をすべて集めることが目的

伊賀忍術伝-五神の書-ゲーム画面
<伊賀忍術伝-五神の書-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 攻撃とジャンプ

<スポンサーリンク>


伊賀忍術伝-五神の書をやってみる

伊賀忍者と限定されているように見えて、

舞台は世界中という 一風変わった設定です

時代は 数百年前と思われます

最初は アメリカでインディアンと戦い、

アフリカ、ギリシャ、インドと渡っていきます

武器の強化で優位に

ゲーム中に入口を見つけ、坊さんに会います

伊賀忍術伝-五神の書-坊さん
<伊賀忍術伝-五神の書-坊さん>

今使っている武器が 別の武器になります

  刀 → 手裏剣 → 鎖鎌

といった進化をします

溜め撃ちで “忍法”

攻撃ボタンを 押しっぱなしにして離すと

忍法と称した 強力な飛び道具になります

伊賀忍術伝-五神の書-忍法
<伊賀忍術伝-五神の書-忍法>

押している時間で

  「火炎玉」
  「風雪波」
  「火山道」
  「爆風電」
  「地神龍」

と、だんだん強力になっていきます

ゲーム序盤では「火炎玉」だけしか使用できず、

だんだんパワーアップしていきます

タイムアウトになりがちなゲーム

この手のゲームは必ず時間制限があります

ですが、本作は厳しすぎるのでは?

たった 2面目で経験しました

伊賀忍術伝-五神の書-タイムオーバー
<伊賀忍術伝-五神の書-タイムオーバー>

本作では タイムオーバーと呼んでるようです

宝箱を全部回収しようとすると

間に合わないのでは?

確かめたわけではないですが、

必要な所だけ寄っていく、

という進め方でないと いけないのかも

1死になってしまうと、武器が刀に戻るので

タイムオーバーはキツい気もします

<スポンサーリンク>


伊賀忍術伝-五神の書の最後は?

全5ステージ

ボリューム感は少ないですが、タイムが厳しい分、

マップを攻略していくというのが

本作のスタイルだと思うので、

短い目の方がいいかも知れません

ステージ5、ここもタイムが厳しい!

通常マップでも よく把握できてないと

厳しい設定になってます

そして ラスボス戦はさらに大変!

伊賀忍術伝-五神の書-ステージ5
<伊賀忍術伝-五神の書-ステージ5>

5体に分裂するのですが、本物を攻撃しなければ

ヒットしたことになりません

これまでのステージボスとは違い、

ちまちま当ててるだけでは

タイムオーバーになってしまいます

ここは忍法(溜め撃ち)で強力弾を

使わなければ、時間内に倒せません

そしてエンディングへ

夕日をバックに走ってます

伊賀忍術伝-五神の書-エンディング
<伊賀忍術伝-五神の書-エンディング>

「五つの密書を取り戻し戦いは終わった。
しかし またどこかでカザンは影となって
戦い続けている・・・」

最後に「THE END」となり、完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>