トラックボールでサッカー/テーカンワールドカップ

TEHKAN WORLD CUP-1985年(テーカン)

サッカーを元にしたスポーツゲーム

サッカーゲームにしては珍しく、

上から見下ろし型のスタイル

コントローラにトラックボールを

使用しているところも 大きな特徴

テーカンワールドカップ-ゲーム画面
<テーカンワールドカップ-ゲーム画面>

操作は トラックボールと ボタン1つ

<スポンサーリンク>


テーカンワールドカップをやってみる

広いフィールドをスクロールしながら

ドリブルやパスで 前へ前へと進めるので、

サッカー感が高いゲームと思います

ただ、通常のサッカーと

ルールが違う部分もあり、

ゲームしながらツッコミ所もあります

では始めてみましょう

まず、整列して国歌を歌う場面です

テーカンワールドカップ-国歌
<テーカンワールドカップ-国歌>

エスコートキッズがいませんね

検索してみると、ワールドカップで

エスコートキッズを採用されたのが

1998年なので、まだいないのでしょう

プレイヤーは赤ユニホームです

ゲーム時間は 1分30秒、

勝ち越さなければ次へ進めません

クロスボールからのシュート!

まず右から敵陣にボールを持ち込み

ゴール前の味方へパス!

テーカンワールドカップ-クロス
<テーカンワールドカップ-クロス>

敵ゴール前は味方が3人もいます

これは楽勝!

ボタンを連打すれば、誰かが打つ?

テーカンワールドカップ-シュート
<テーカンワールドカップ-シュート>

本当に誰かが打ってくれました

(それもボレーシュート?)

よく見たらゴール前、味方だらけです

テーカンワールドカップ-ゴール
<テーカンワールドカップ-ゴール>

そしてゴールは決まり、大はしゃぎです

後は、この 1点を守りに行けば

いいわけです

(後から考えると、それは対戦相手が

強くなってからでよかったです)

操作が独特?

私は他のサッカーゲームを

あまりよく知らないので、

「こんなもんですよ」 と言われるかも

しれませんが、かなり変に思えました

・ 1つしかないボタンは、キックのみ

  シュートとパスの区別はありません

  トラックボールを転がした方向にキックです

  長押しキックで低い弾道になります

・ 操作対象キャラの切り替えがCPUまかせ

  矢印でプレイヤーキャラを表しているの

  ですが、自身で対象の変更はできません

・ ファール無し、オフサイド無し

  「それ、サッカーじゃないじゃん!」と

  思われるでしょうけど、

  ゲームなので限界はあるでしょうね

  後ろからのスライディングも OKです

<スポンサーリンク>


テーカンワールドカップの最後は?

全7戦

後半になるについて強敵になります

最終戦は超・強豪国

7戦目の相手は とにかく速い!

攻め込まれてシュートを打たれたら即ゴールです

キーパーはプレイヤー操作なので

言い訳かもしれませんが、

味方ディフェンダーが戻ってくれないのです

いや、敵が速すぎて戻れないのか・・・

テーカンワールドカップ-ゲーム7-1
<テーカンワールドカップ-ゲーム7-1>

このようにドフリーで打たれます

相手キーパーは異様な強さなのに・・・

相手がボールを持ったら、

悪質スライディングで止めにいきます

(スライディングは、ボールを持ってる

選手に向かうだけで勝手に行います)

相手ゴール付近は修羅場

相手も悪質スライディングしまくりです

テーカンワールドカップ-ゲーム7-2
<テーカンワールドカップ-ゲーム7-2>

ものすごいスピードで

たくさんの選手が戻ってくるので、

カンフーサッカー状態です

そしてエンディングへ

ついに全勝しました

最終戦は激ムズでしたけど、勝てました!

テーカンワールドカップ-エンディング1
<テーカンワールドカップ-エンディング1>

この画面が結構長く表示されるので、

ハングアップしたのかと思いました

(動かない画面です)

このトロフィーはやっぱり

エンディング終了後、

ネーミング画面になります

テーカンワールドカップ-ネーミング
<テーカンワールドカップ-ネーミング>

このトロフィーは、本当の

サッカーワールドカップと同じようです

本当のサッカーワールドカップを意識して

作成されてたんですね

ちなみにこの画面は、

1勝でもすれば出てきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>