ループレバーを駆使し、単身敵陣へ/怒-IKARI-

アーケードゲーム

1986年(SNK)

海外名:IKARI WARRIORS

 

縦スクロール型のアクションゲーム

 

銃と手榴弾を使い、時には戦車にも乗り

たった一人で敵軍の中を進んで行く

 

怒-IKARI-ゲーム画面
<怒-IKARI-ゲーム画面>

 

操作は ダイヤル付きの 8方向レバー

(ループレバー)

と ボタン2つ

 

ボタンは、銃による攻撃と 手榴弾

 

怒-IKARI-をやってみる

 

この手のゲームは、

フロントライン(タイトー 1983年

戦場の狼(カプコン 1985年)

などが 既におなじみです

 

本作では、同社の T.A.N.K で採用していた

ループレバーが使われており、

 

「撃ちながら後方へ逃げる」

「撃ちながら横移動(カニ移動)」

が可能となっていて、

より実際の銃撃戦に近いスタイルが可能です

 

戦車にも乗れる!

 

最初は歩いて敵陣へ切り込んでいきますが

落ちてる(?)戦車があると

手榴弾ボタンで乗ることが出来ます

(降りるのも手榴弾ボタンです)

 

怒-IKARI-戦車1
<怒-IKARI-戦車1>

 

戦車状態だと

通常弾が手榴弾並みの威力があるとか、

ダメージ状態になっても戦車を降りれば

1死を免れるといった効果があります

 

ただ、エネルギーゲージが表示され、

無くなれば乗り捨てなければならないので

“GAS”を取り続けなければなりません

 

ゲートが見えてきました

 

ある程度進むと、基地の入り口っぽい

場所に着きました

 

怒-IKARI-ゲート
<怒-IKARI-ゲート>

 

敵の猛攻撃を受けますので、

・ 少しずつ削る
・ 突っ切る

の2択を迫られます

 

最初のゲートは「突っ切る」が可能でした

 

また ゲート自体は、

戦車砲か手榴弾でなければ壊れません

 

陸がなくなったぞ?

 

2回目のゲートを突破した後、

陸がなくなり進めなくなりました

 

怒-IKARI-戦車2
<怒-IKARI-戦車2>

 

ここは歩くのなら進めるようです

 

なので戦車を乗り捨てて 進みます

 

怒-IKARI-の最後は?

 

面の区切りが よくわからないゲームです

 

特に何の表示も無いので

そもそもないのかも・・・

 

ゲートが区切りだとすると、

6個のステージがあることになります

 

ステージ6、自分がピンチ

 

本作では 銃や手榴弾に弾制限があります

 

でも、撃ちまくっても

すぐに補充が可能なので、

そんなに節約する必要はありません

 

と思ってたら、

最終面では銃がなくなりました

 

怒-IKARI-ステージ6-1
<怒-IKARI-ステージ6-1>

 

銃が本当に撃てません

 

ここからは手榴弾のみで、

しかも節約しながら進むしかない!

 

ステージ6、もしかしてラスボス?

 

ヤバそうな奴です

 

怒-IKARI-ステージ6
<怒-IKARI-ステージ6>

 

まず、床に描かれているマークがヤバいです

(モザイクしました)

 

座っている奴も見た目はアレですが、

手榴弾1発で倒せます

 

それよりも、左右に4つある

攻撃装置がやっかいでした

 

そしてエンディングへ

 

先程のヤバい奴の所から 先へ進むと・・・

 

ボスを倒したはずなのに、またボス?

 

怒-IKARI-エンディング
<怒-IKARI-エンディング>

 

これはもしかして上官?

 

YOU DID IT!
CONGRATURATIONS!
GENERAL KAWASAKI
NEVER FORGET
YOUR GLORIOUS SURVIVAL.
NOW YOU HAVE
HONORABLE PRIZE
1,000,000 POINTS!

(原文ママ)

 

グーグル翻訳すると、

できたね!
おめでとう!
川崎将軍はあなたの輝かしい生き残りを
決して忘れません。
これで、1,000,000ポイントの
名誉賞品が手に入りました。

 

やはり上官でしたね

 

これでゲームのほうは 完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました