後方視点のハイパーオリンピック/ゴーフォーザゴールド(前編)

アーケードゲーム

GO FOR THE GOLD-1988年(タイトー)

海外名:RECORDBREAKER

 

ボタンを連射するスポーツゲーム

 

陸上競技が中心で、メダルを取得するが

オリンピックであるという表記はない

 

操作体系は ボタン3つのみ

 

ゴーフォーザゴールドをやってみる

 

1983年に登場したハイパーオリンピック

に便乗した(まねた?)ゲームは

たくさん登場しました

 

それらは もちろんコピー品ではなく、

それぞれオリジナルな要素があるわけです

 

本作では、プレイヤーを後方から見た

構図となって、擬似的に 3D感があります

 

まずは競技セレクト

 

競技の順番はプレイヤーで選べます

 

ゴーフォーザゴールド-セレクト画面
<ゴーフォーザゴールド-セレクト画面>

 

競技多いな

(大変さを知らされました)

 

ここは ゲーム側の指定するとおり、

左上から時計回りにやってみましょう

 

1種目目「100メートル走」

 

最初は もっとも簡単な競技です

 

RUNボタンを連打するだけです

(フライングはあるので これだけ注意)

 

ゴーフォーザゴールド-100メートル走1
<ゴーフォーザゴールド-100メートル走1>

 

画面が左右2つに分割されてます

 

これは、左側が1Pの視点、右側が2Pの視点

となっているだけで、同じ場所・時間です

 

そして、

 

ゴーフォーザゴールド-100メートル走2
<ゴーフォーザゴールド-100メートル走2>

 

1走目で ウサイン・ボルトの世界記録を

100分の2秒 上回る 9秒56の世界新を出し、

(これを記述している2021年7月です)

 

さらに 2走目では 9秒01秒という

人としてありえない記録を

出してしまいました!

 

マスコミ陣も集まっています

 

表彰式では当然、金メダルです

 

ゴーフォーザゴールド-100メートル走3
<ゴーフォーザゴールド-100メートル走3>

 

これで次の競技に進めます

 

2種目目「棒高跳び」

 

ここからは 連射スイッチを使った

だけでは クリアできなくなります

 

ゴーフォーザゴールド-棒高跳び1
<ゴーフォーザゴールド-棒高跳び1>

 

RUNボタンを連打して、タイミングよく

JUMPボタンを押すだけ(と思う)のですが、

なかなか上手くいきません

 

失敗すると説明があるのですが

 

ゴーフォーザゴールド-棒高跳び2
<ゴーフォーザゴールド-棒高跳び2>

 

・ 助走
  大変良い

・ タイミング
  折れるぞ!

と、タイミングが悪いことはわかるのですが、

どうすればいいかが わかりません

 

うーん・・・不親切ですね

 

でしたが 何度も試して JUMPボタンを

押してる時間が長すぎることが判明します

 

ゴーフォーザゴールド-棒高跳び3
<ゴーフォーザゴールド-棒高跳び3>

 

そしてついにクオリフィー(クリア基準)を

突破しました

 

ゴーフォーザゴールド難関面1

 

3種目目の競泳は難なくクリアできましたが、

その次の面で行き詰りました

 

4種目目「鉄棒」

 

まず、 “やり方がわからない” という

根本的な問題に直面します

 

ゴーフォーザゴールド-鉄棒1
<ゴーフォーザゴールド-鉄棒1>

 

連射すれば 自身が回転するので、

左上にある黄色の位置でJUMPボタンを

押すのだと思うのですが・・・

 

ゴーフォーザゴールド-鉄棒2
<ゴーフォーザゴールド-鉄棒2>

 

・ 演技1
  xxx

・ 演技2
  xxx

・ フィニッシュ
  高すぎるよ!

・ スピード
  大変良い

と、またしても意味不明な説明を受けます

 

うーん・・・これは行き詰ったか?

 

「鉄棒」のやり方

 

何度もコンティニューして

この競技のやり方がわかってきました

 

・ 回転している頂点でJUMPボタンを押し
  選手の向きを変える(演技1)

・ 勝手に垂直方向に飛びますので、
  タイミングよくJUMPボタンを押し、
  鉄棒をキャッチ(演技2)

・ 黄色の位置でJUMPボタンを押します

 

これが正解の操作(だと思います)

 

そして、

 

ゴーフォーザゴールド-鉄棒3
<ゴーフォーザゴールド-鉄棒3>

 

なんと 9.99!

 

体操日本復活!

 

これはスゴいですぞ



この続きは 後編

コメント

タイトルとURLをコピーしました