大型キャラの鎧が次々と剥がれる/黄金の城

GLADIATOR-1986年(タイトー)

横スクロール型のアクションゲーム

通常モードでは強制スクロールで進んでいくが、

大型の敵に遭遇すると、格闘ゲームのようになり

スクロールが固定される

ダメージを受けた場所の鎧が剥がれ、もう一度

同じ箇所に食らうと 1アウトとなる

(これは 自身と大型の敵にも共通)

黄金の城-ゲーム画面
<黄金の城-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

レバーの左右は自身の横移動に使用するが、

レバーの上下は盾のガード箇所の移動となる

ボタンは それぞれ上段・中断・下段 への攻撃

<スポンサーリンク>


黄金の城をやってみるぞ!

大きなキャラが多関節で(あるかのように)

動くので 源平討魔伝を思い浮かべましたが、

登場年は同じ1986年ですね

黄金の城-ステージ1
<黄金の城-ステージ1>

通常時では右に(強制スクロールで)進みながら

飛んでくる物や敵を盾や剣で落としていきます

対戦場面では鎧の削りあい

大型キャラとの対戦ではスクロールが止まり

一騎討ちです

こちら側も敵側も まず鎧を剥がし、

剥がされた箇所を攻撃して勝利となります

黄金の城-イレーネ戦1
<黄金の城-イレーネ戦1>

女性の剣士ですね

彼女の鎧を剥がして・・・

黄金の城-イレーネ戦2
<黄金の城-イレーネ戦2>

ゲームがあらぬ方向に

「あれ、これってもっと剥がせるんじゃね」

なんて方向に考えが行ってしまい、

夢中で胸部を攻撃することに

(後でよく考えたら 攻撃1回目で剥がし、

2回目で倒してしまうので、

剥がしが何段階もあるわけないのです)

黄金の城-イレーネ戦3
<黄金の城-イレーネ戦3>

うおーっ、下着までいったぞ!?

(剥がしが何段階もありました!)

いくらなんでも これ以上はないよな・・・

ついにやってしまいます

で、最後に胸部攻撃で勝利に!

黄金の城-イレーネ戦4
<黄金の城-イレーネ戦4>

ヤッター、ポロリがあったよー!

(一応白い線で隠しました

見えても大したことありません)

これマズくない?

ファミコンとかの移植版はどうなってるの?

と思い、検索をかけましたが

当時の家庭用機に このゲームは移植されて

ないようです

まさかこれが原因では・・・!

<スポンサーリンク>


黄金の城の最後はどうなる?

全4ステージ

やたらと大型キャラとの対戦があるので、

結構長いと感じました

いよいよ最終ボス戦(1戦目)

全身黄金の鎧です

黄金の城-ラスボス戦1
<黄金の城-ラスボス戦1>

相当強いですが、攻略は今までと同じで、

「盾でのブロックをしっかりやること」

に尽きると思います

敵が振りかぶった瞬間、上中下段を

すばやく見分けましょう

そして こちらの攻撃もサッパリ当たらない

のですが、盾を壊してしまえるので

とにかく剣を振りまくりです

最終ボス戦(2戦目)

ラスボスを倒したと思いきや、

ガイコツになって再登場です

黄金の城-ラスボス戦2
<黄金の城-ラスボス戦2>

ここで一死になると、さきほどの1段階目から

やり直しになるので 絶対負けるな!

そしてエンディングへ

簡素な終り方です

黄金の城-エンディング
<黄金の城-エンディング>

タイトル通り、城で黄金を見つけたようですね

このゲームのストーリーがわからないので

奪ったようにも感じましたが・・・

ゲームはこの後、2周目になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>