改造人間たちの街/ミューテイションネイション

MUTATION nation-1992年(SNK)

横スクロール型のアクションゲーム

ファイナルファイト型とも呼ばれるタイプ

ミューテイションネイション-ゲーム画面
<ミューテイションネイション-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは 攻撃とジャンプ

<スポンサーリンク>


ミューテイションネイションをやってみる

この手のゲームは、星の数ほど(そんなには

無いかな)あって、それぞれ特徴がありますが、

本作はそれほど逸脱したものではありません

オーソドックスの部類です

奥行きの概念はありますが、攻撃は横方向にしか

与えられませんし、食らいません

なので 奥行きを使って逃げる、が可能です

このゲームの特徴しては、ジャンプ攻撃があまり

有効ではないです

ジャンプする・しないに関係なく、

タイミングよく攻撃を与えることが重要です

逆に、敵がジャンプしてきても、

こちらの攻撃を先に当てることは十分可能です

ミューテイションネイションのシナリオ

これ、デモ画面やゲーム中に説明されることは

一切無いのです

1992年という時代からも ちょっと考えられません

しょうがないので、説明書からです

「・・・とある生体化学研究所の爆発。それが
悪夢の始まりをつげるセレモニーであったとは、
おそらく、誰も気づかなかった。」

「ここに一冊の研究論文がある。
“人体改造における、人類の新たなる秩序”。
遺伝子そのものを人為的に操作し、
適合する優れた遺伝子を持つ者だけの
世界創造のためのマニュアルである。」

「悪魔のようなバイオ研究は激しい非難を集め、
化学者とともに学会から抹消されたらしい。
そして、研究所の事故で爆死したと処理された。」

「だが、彼は死んではいなかった。
研究所を自ら爆破した瞬間から、彼の野望が
始まったのだ。人々の記憶から消え去った街、
スラムは化学者の実験によって確かに新らしく
生まれ変わった。化け物という名の人間がうごめき、
無秩序と呼ばれる秩序を持つ新人類の街
“ミューテイション・ネイション”に」

簡単に言うと「ゾンビの街」ってとこでしょうか

4面でラスボス登場?

普通にエリアボス戦なんですが、後ろ(背景)に

ラスボスらしき顔が!

ミューテイションネイション-エリア4
<ミューテイションネイション-エリア4>

“絵”かな、とも思いましたが

中ボスを倒すと笑うので、モニターでしょうね

5面のヤツがラスボスか?

エリア5(このゲームでは、“面=エリア”)で

ちょっとラスボスっぽいキャラです

ミューテイションネイション-エリア5
<ミューテイションネイション-エリア5>

2体いるうち、1体にしか攻撃は当たりません

なのに2体から攻撃を受ける理不尽です

倒しましたが、ただのエリアボスでした

<スポンサーリンク>


ミューテイションネイションの最後は?

全6エリア

正直、短いです

エリア開始時にラスボスのあいさつが

ミューテイションネイション-エリア6-1
<ミューテイションネイション-エリア6-1>

「よくも私の可愛い部下達を!
しかし、ここがお前達の墓場だ!!」

そして最終のエリア6が始まります

ここはボスラッシュ面となっています

そしてラスボス戦に

ボスラッシュをクリアすると、

ラスボスと思われる化学者が登場します

その化学者が急に倒れたと思ったら、

化け物に変身します

ミューテイションネイション-エリア6-2
<ミューテイションネイション-エリア6-2>

で、こいつがラスボスというわけです

エンディングへ

ビルの爆破が始まり、主人公は飛び降ります

ミューテイションネイション-エンディング1
<ミューテイションネイション-エンディング1>

そして見事地面に着地を決めます

まったく重力加速度を感じさせません

着地後、ビルは大爆破します

ミューテイションネイション-エンディング2
<ミューテイションネイション-エンディング2>

「これは死んだか!?」ですが

この後のスタッフロールでは、

バイクで走っている様子を流れています

超人の設定なのか (ゲームの)作りが雑なのか、

理解し難い部分です

とりあえず、ゲームは全て終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>