R-TYPE風NEOGEOシューティング/ラストリゾート

LAST RESORT-1992年(SNK)

横スクロール型シューティングゲーム

ネオジオ登場当初は、格闘ゲームのイメージが

強かったのですが、本作は珍しいシューティング

ラストリゾート-ゲーム画面
<ラストリゾート-ゲーム画面>

ただ、R-TYPE(1987年-アイレム) にかなり似る

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

<スポンサーリンク>


ラストリゾートをやってみる

ネオジオだけあってグラフィックは良いです

ゲームもまずまず楽しめると思います

とにかく、R-TYPE

アルファベットが書かれたアイテムを取り

武器をパワーアップさせます

“L” = レーザー
“H” = ホーミング
“G” = グレネード

の3種類です

ただし、何も持ってない初期状態では

武器は強化されず、丸い玉が付きます

ラストリゾート-ユニット
<ラストリゾート-ユニット>

この玉は、敵の弾を防いでくれます

完全にR-TYPEですね

前後にしか付けられないR-TYPEと違い、

自機の外周 どこでも固定できます

また、溜め撃ちでは この玉が飛んでいきます

巨大戦艦も登場!

5面で登場します

ラストリゾート-ステージ5-1
<ラストリゾート-ステージ5-1>

戦艦の上に回ったり、後ろに回ったりで

もう言うまでも ありませんね

<スポンサーリンク>


ラストリゾートの最後は?

全5ステージ

ボリューム的には かなり物足りないです

当時のロムカセットの値段を考えると、

もっとがんばって欲しかったと思います

最終ボス戦(1回目)

R-TYPE的な感じです

ラストリゾート-ステージ5-2
<ラストリゾート-ステージ5-2>

画面がごちゃごちゃして よくわかりません

移動範囲も狭く、攻略も難しいです

(もしかして安地があるのかな?)

そしてエンディングへ

メッセージだけです

ラストリゾート-エンディング1
<ラストリゾート-エンディング1>

「CONGRATULATIONS!

HAS TRUE HARMONY IN THE UNIVERSE
BEEN ACHIEVED BY THE DEFEAT OF
THE SOLAR SYSTEMS ENEMIES?

SPACE SEEMS PEACEFUL.
STILL, AN EERIE SILENCE HINTS OF
DANGER YET UNSEEN SINCE THE
COLLAPSE OF THE HUGE INDUSTRIAL
CIVILIZATION….」

グーグル翻訳すると、

「おめでとう!

宇宙の真の調和は、太陽系の敵の敗北
によって達成されましたか?

宇宙は平和のようです。
それでも、巨大な産業文明の崩壊以来、
不気味な沈黙は危険を示唆していますが…」

この後、2周目が始まります

実は2周クリアエンド

物足りないとは言いましたが、

同じことを2回するのは結構うんざりです

で、結局2周やりました

真のエンディング?

メッセージは違いました

「EXHAUSTED FROM CONQUERING
THE ATTACK OF THE MACHINES
GONE WILD, THE PILOTS STEER
THEIR CRAFTS TOWARD HOME.
THEY MORN THE COUNTLESS
LIVES LOST IN BATTLE,
BUT ARE THANKFUL FOR THEIR
OWN, KNOWING THAT IT COULD
HAVE BEEN WORSE.

THEY WONDER IF A LESSON HAS
BEEN LEARNED FROM ALL OF THIS
BLOODSHED.
CAN SPACE RETURN TO THE TRUE
PEACEFUL SILENCE IT ONCE KNEW,
ONLY TIME WILL TELL ….」

グーグル翻訳すると、

「荒れたマシンの攻撃を征服して
疲れ果てた、
パイロットは自分の工芸品を家に向けます。
彼らは戦いで失われた無数の命を悼み、
しかし、彼ら自身に感謝しています、
それがもっと悪いかもしれないことを
知っていた。

彼らは、この流血のすべてから教訓が
学ばれたのではないかと考えています。
スペースはかつて知っていた真の平和な
沈黙に戻ることができますか、
時間だけが教えてくれます ….」

・・・意味がわかりにくいです

この後、上方に飛ぶ動画になり

何かあるのかと思いましたが、

ラストリゾート-エンディング2
<ラストリゾート-エンディング2>

スタッフ紹介があるだけでした

これでゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>