元祖横シューティング/スクランブル

スクランブル(Scramble) 1981年コナミ

横スクロール型ゲームという画期的なアイデアで

登場しました

このゲームは、8方向レバーとボタン2つ

ボタン1つ目は、前方向への攻撃

もう一つは、下へ落下していき、地上物などを破壊します

まるでグラディウスのような仕組みですが、

攻撃用武器がパワーアップする仕組みはありません

<スポンサーリンク>


独特のルール(仕組み)があります

シューティングゲームのデザインが確立されてない時代(?)

だったので、今思うと変な仕組みになってます

横スクロールなのに縦画面?

当時は横スクロールゲームなんて なかったので、

違和感なかったのですが、

今やってみると、展開が早すぎます!

スクランブル-ゲーム画面
<スクランブル-ゲーム画面>

やはり横スクロールゲームは、横画面がいいですね

エネルギー制でありながら 一撃死も

通常は、一撃死で3機制なのですが

エネルギー制(燃料)でもあります

通常は敵にぶつかると1機失い、

3機やられとゲームオーバー

それに加え、エネルギーが切れると

落下が始まり地面に激突して1機失います

燃料なので、時間とともに徐々に減っていきます

これは結構ハードなルールです

エネルギーを切らさないため、“FUEL”と書かれた

地上物を破壊しなければなりません

スクランブル-燃料(FUEL)
<スクランブル-燃料(FUEL)>

<スポンサーリンク>


かなり難しいゲームです

昔のゲームなので“当たり前”ともいえますが、

結構序盤から苦労します

最初の難関“UFO”

UFOのようなものが出現し、プレイヤーを悩ませます

スクランブル-UFO
<スクランブル-UFO>

UFOは、初めての空中の敵になります

(これまでは地上物が発射される攻撃のみでした)

上下にフワフワ動き、自機の行く手を防ぎます

攻撃して破壊していきましょう

当時プレイした人は、ここで詰まった人も多いのでは?

<スポンサーリンク>


スクランブル、UFO以降はどうなる?

久しぶりにスクランブルをがんばってみました

スクランブル-火の玉
<スクランブル-火の玉>

UFOの次は高速に飛んでくる “火の玉”のような敵です

ただ、横方向にしか移動できないようで

避けるのは難しくありません

しかし、燃料の減りに注意です

スクランブル-高層ビル
<スクランブル-高層ビル?>

地形が上までせり出して、移動範囲を狭められます

それほど難しいとは感じられませんが、

運に左右されますね

スクランブル-迷路
<スクランブル-迷路>

迷路ってほどではありませんが、

狭い空間を突破していきます

結構ギリギリのタイミングでしか突破できない

ようになっています

スクランブル-ボス
<スクランブル-ボス?>

最後は地上にある丸い物体を破壊すれば

クリアのようです

でも、これで本当にクリアなの?

ちょっと地味すぎるような・・・

スクランブル-エンディング画面
<スクランブル-エンディング画面?>

丸い物体の破壊後、

このような画面が表示されます

本当に真のエンディングだろうか?

congratulations
you completed your duties
good luck next time again

これをエキサイト翻訳してみると、

「祝いの言葉
あなたはあなたの義務を完成した
再びの次回の幸運」

となっているので、本当にエンディングなんでしょう

このメッセージは直ぐに消え、2周目が始まります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>