ゲームから「ガンバレ」/クレイジークライマー

CRAZY CLIMBER-1980年(日本物産)

ビルを上方向に登っていき、頂上まで到達するという

アクションゲームです

クレイジークライマー-ゲーム画面
<クレイジークライマー-ゲーム画面>

8方向レバー2つという、特殊な操作になります

レバー2つは それぞれ左右の手を操作します

(つまり、足を使って登っていないということ)

始めはこの操作が難解で、取っ付きが悪いゲームに

当たるかも知れません

<スポンサーリンク>


演出、音楽、SE、遊び要素も多い!

このゲームですぐ思い出すのがSE(音声)です

上に登れないと、「ガンバレ」

植木鉢を落とされると、「イテッ」

プレイヤーが落下すると、「アレー」

という 機械音声が“らしさ”を演出しています

“しらけ鳥”?

鳥が左右を移動しながら 糞を落としていく

場面があります

クレイジークライマー-しらけ鳥
<クレイジークライマー-しらけ鳥>

小松政夫の「しらけ鳥 飛んでゆく 南の空へ・・・」

という曲のメロディーが流れます

まあ、当時でないと面白さはありませんが

バルーンは“ドラえもん”のテーマ

2面で登場するバルーンにつかまると 少しだけ

上に運んでくれます

クレイジークライマー-バルーン
<クレイジークライマー-バルーン>

このときに流れる曲が“ドラえもん”の

オープニングテーマです

当たり前ですが、「夢をかなえてドラえもん」

ではありません

<スポンサーリンク>


クレイジークライマーの最後は?

4面しかなく、そのループを延々と続くので

はっきりとした終わりはありません

ビルを登りきるとヘリコプターに

ビルの頂上ではヘリコプターにつかまる

ということで ステージクリアとなります

これは 1面クリア時です

クレイジークライマー-ステージクリア
<クレイジークライマー-ステージクリア>

植木鉢は“踏ん張りのポーズ”で耐えろ

窓から住人が顔を出し、植木鉢を落としてきます

ここは“踏ん張りのポーズ”で一時ストップです

クレイジークライマー-踏ん張りのポーズ
<クレイジークライマー-踏ん張りのポーズ>

レバーを左右とも下に入れた状態で耐えます

レバーをさわってなくても耐えてくれますが、

植木鉢が当たると体勢が崩れるので、

連続攻撃に耐えるためレバーを下に入れます

鉄骨、鉄アレイは運も

これらが降ってきたときは避けるしかありません

踏ん張りで耐えることもありますが、

直撃はダメみたいです

クレイジークライマー-鉄骨、鉄アレイ
<クレイジークライマー-鉄骨、鉄アレイ>

これは3面で、3つ降ってきます

これもキツいですが 4面では 4つの場面もあります

最終4面をクリアすると・・・

4面のヘリコプターの場面です

クレイジークライマー-4面のヘリコプター
<クレイジークライマー-4面のヘリコプター>

ビルが分かれている以外は 特に何もありません

クリアしても何もなく、次の面が始まります

ちなみに、ヘリコプターにつかまっているときの

音楽は、4面 全て違うみたいです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>