警察官がマフィアへ復讐!/デッドコネクション

アーケードゲーム

DEAD CONNECTION-1992年(タイトー)

 

画面固定型のアクション・

シューティングゲーム

 

マフィアの壊滅を目指す警察官が主人公

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

デッドコネクションをやってみる

 

1992年のアーケードで

スクロールしないゲームは珍しいです

 

やはりゲームというのは

“魅せる”というが大きな要素で、

このスタイルで世間を納得させるのは

困難だったのではないでしょうか

 

とは言え、画面固定型のパズルゲームや、

クイズゲームも この頃のブームでしたね

 

デッドコネクションのプロローグ

 

SEPTEMBER 5 1952
IN THE BIG TOWN

 

巨悪に立ち向かう男達

 

デッドコネクション-デモ画面1
<デッドコネクション-デモ画面1>

 

忍びよる魔の手

 

悲しみ、そして復讐

 

デッドコネクション-デモ画面2
<デッドコネクション-デモ画面2>

 

怒りを胸に戦いが始まる

 

こんな感じで始まります

 

1930年~1960年の時代背景を題材にした

マフィア映画のような雰囲気です

 

ステージ1-HOTEL DIAMOND QUEEN

 

1953年7月14日
我々はファミリーのドン・ネロッツィアが
滞在するホテルを急襲した。

 

ゲームが始まると、

高級そうなホテルのロビーで

いきなり銃をぶっ放すヤツの登場です

 

デッドコネクション-ステージ1-1
<デッドコネクション-ステージ1-1>

 

で、この危ないヤツが

主人公(プレイヤー)です

 

このことで、一般人たちは逃げ出します

 

うーん、“正義” とは言えない感じも

しますが、時代なんでしょうね

 

そして銃撃戦になります

 

デッドコネクション-ステージ1-2
<デッドコネクション-ステージ1-2>

 

「プレイヤーが小さくて、

どこに行ったのかわからん!」

 

というのが正直な感想です

(それは 私の衰えです)

 

決まった人数を倒せばクリアとなります

 

デッドコネクション-ステージ1-3
<デッドコネクション-ステージ1-3>

 

ネロッツィアはすでに姿を消していた。
だが、帳簿係のビンセントから、
次の取引の情報を得た。

 

ネロッツィアというのがボスの名です

 

ステージ2-JUNK YARD

 

7月21日。
我々は取り引き現場に潜み、ネロッツィアの
側近ガンビーノが現れるのを待った。

 

廃車置場(捨て場?)が

取り引き現場のようです

 

デッドコネクション-ステージ2
<デッドコネクション-ステージ2>

 

ここをクリアすると、

 

取引を阻止し、ガンビーノを捕らえた。
ガンビーノの口は堅かったが、我々はなんとか
ネロッツィアの隠れ家を聞き出すことができた。

 

ステージ3以降のストーリー

 

メッセージでシナリオを読み取っていきます

 

・ ステージ3 RESTAURANT CAMPANULA

 

7月24日。
ガンビーノから情報を得た我々は、
ネロッツィアのアジトのひとつである
レストランに乗り込んだ。

 

クリア後、

 

デッドコネクション-ステージ3
<デッドコネクション-ステージ3>

 

ガンビーノの情報は罠だった。
幹部のフェザリオによって捕らえられた我々は、
ファミリーのアジトへ送られることになった。

 

・ ステージ4 IN THE TOWN

 

我々を乗せた車が銃声と共に急停車した。
旧友のアンディ刑事が、
危険を冒して救出に来てくれたのだ!
この混乱に乗じ、我々は脱出を試みた。

 

通常の銃撃戦中、車に捕らえられていた女性が

逃げ出す感じになります

 

デッドコネクション-ステージ4
<デッドコネクション-ステージ4>

 

これは後に関係するのでしょうか

 

クリア後、

脱出は成功した。だが、アンディは
銃弾に倒れ、帰らぬ人となった。
我々はまた大切な人を失ってしまったのだ。

 

・ ステージ5 WAREHOUSE

 

7月29日
アンディはネロッツィアの隠し金庫の所在を
摑んでいたらしい。
彼は、ダイイング・メッセージとして
その情報を我々に託したのだ。
我々はその倉庫のに襲撃をかけた。

 

クリア後、

手下の一人のポケットから、
ネロッツィアの私邸で行われる
ガーデンパーティの案内状を見つけた。
我々は倉庫に火を放ち、そこを後にした。

 

・ ステージ6 GARDEN PARTY

 

8月1日、
我々は、ファミリーの幹部が
一堂に会する時間を狙って、
ガーデンパーティーの会場を強襲した。

 

デッドコネクション-ステージ6
<デッドコネクション-ステージ6>

 

これはまだ お気楽にガーデンパーティーを

楽しんでいる場面です

 

直後に銃撃戦になり、大パニックです

 

クリア後、

鮮血のパーティーが終わり、
ネロッツィアファミリーは崩壊した。だが、
ネロッツィア本人と幹部のフェザリオは、
しぶとく逃げ延びたようだ。

彼等が生きている限り、
我々の復讐は終わらない。

 

・ ステージ7 CENTRAL PARK

 

8月7日、
フェザリオは早朝の公園で我々を待っていた。
彼は、ネロッツィアの情報と交換に、
自分だけは見逃して欲しいと哀願した。
だが、我々の答えはノーだった。

 

クリア後、

結局のところ、あのフェザリオも、
ただの臆病な老人にすぎなかったのだ。
彼は噴水の中で、
その罪深い生涯を終えることになった。

 

デッドコネクションの最後は?

 

全8ステージ

 

1ステージの短さからすると

かなりボリューム不足に感じると思います

 

最終ステージ8

 

8月24日、
ネロッツィアはさびれたオペラハウスにいた。
若かった彼が、
ドンの地位を手に入れたこの場所に。
そして最後の戦いが始まった。
・・・どちらにとっても。

 

そしてステージ8 開始です

 

デッドコネクション-ステージ8
<デッドコネクション-ステージ8>

 

入り組んだ構造で、

敵ばかり有利になるように思えます

 

ついに全クリア!・・・でしたが

 

ステージ8を普通にクリアした(と思われる)

のですが、

 

デッドコネクション-エンディング1
<デッドコネクション-エンディング1>

 

すべてが終わろうとしていた。
勝ったのはネロッツィアだった。
ネロッツィアをを追い詰めた我々が、それが
替え玉だと気がついた時にはずでに遅かった。

 

立場は逆転し、我々がネロッツィアの
銃口の前に立たされていたのだ。

 

ネロッツィアがその指先に力を込めれば、
我々の復讐は成し遂げられないまま
終わりを告げるだろう・・・。

 

バッドエンドと思いきや

 

背後に誰かいたようです

 

デッドコネクション-エンディング2
<デッドコネクション-エンディング2>

 

銃声が響きわたった。しかし、
倒れたのは我々ではなく、ネロッツィアだった。

 

デッドコネクション-エンディング3
<デッドコネクション-エンディング3>

 

その背後には、殺されたアンディの婚約者
ジュディが、硝煙の立ち昇る銃を手にしたまま、
立ち尽くしていた。

 

彼女もまた、
悲しみを背負った復讐者だったのだ・・・・・。

 

このまま、スタッフロールになり

ゲームのほうは 完全終了です

 

最後は映画っぽい展開でしたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました