チェルノブ(CHELNOV)-戦う人間発電所

ATOMIC RUNNER CHELNOV-1988年(データイースト)

30年ほど古いゲームなので、今のゲームと比べると

見た目が かなり地味なのは しょうがないですが、

当時の他のゲームと比べても、「一昔のゲーム」的な

感じでした

タイトル画面はこんな感じ

チェルノブ タイトル画面
<チェルノブ タイトル画面>

「ATOMIC RUNNER CHELNOV -戦う人間発電所-」

と書かれています

<スポンサーリンク>


“問題あり”のタイトル名

このタイトルを見たとき、

「もしかしてアレでは?」

と思った人はいるでしょう

1986年のチェルノブイリ原発事故です

「それとは関係ないだろう」

とは言い切れません

オープニングでわかります

チェルノブ オープニング画面1

<チェルノブ オープニング画面1>

「ある日、原発の爆風が起き、
その時、爆風下に
炭鉱夫 チェルノブがいた。」

チェルノブ オープニング画面2
<チェルノブ オープニング画面2>

「九死に一生を得たが、彼の体は
異状能力に支配されていた。」

チェルノブ オープニング画面3
<チェルノブ オープニング画面3>

「超人として生きる決意をした。だが-
デスタリアンの触手はすでに彼にも」

チェルノブ オープニング画面4
<チェルノブ オープニング画面4>

「行け! チェルノブ
我前に敵は無し」

はい、言い訳できませんね

要約すると、

・原発事故がおき、主人公は被害に会う
・異状能力に目覚める
・それがアトミックランナー

とても不謹慎です・・・

こんな解釈も

・ 主人公は原発事故前から“チェルノブ”という名前である

・ ゲームタイトルに「戦う人間発電所」とある

・ なので、 発電所=チェルノブ

・・・完璧にOUT

<スポンサーリンク>


ゲーム自体は面白い

このゲームは、スーパーマリオブラザースのように

右へと進んでいく スクロール型のゲーム

ただし、強制スクロールなので じっくり進むことは出来ない

(速く進むことも出来ない)

自キャラと敵が接触すると、1アウト(1死)

地面のないところに落ちても1アウト

3人失うとゲームオーバー

といったところも、スーパーマリオと同じです

不便さが 面白さ?

8方向レバーと3ボタンの構成

ボタンの役目は

・攻撃(銃を撃つなど)
・ジャンプ
・自身を反転させる

これは多機能に見えるが

ジャンプは、注意しないと敵に直撃することもある

というよりこれで結構やられる

自身を反転させると、後ろ(画面左側)にいる敵を攻撃できる

しかし、前がおろそかになり 反転ボタンを探す(考える)間に

やられてしまう

ボタンが3つあるのは 意外と難しいのである

<スポンサーリンク>


チェルノブの最後は?

このゲーム、意外と難しいです

後半は敵の攻撃も凄まじいのですが、

自分のジャンプが原因で死ぬこともあるし、

ノーコンティニューでは難しいでしょう

最終面は 7面

この面をクリアで終わりとなります

チェルノブ ラスボス戦
<チェルノブ ラスボス戦>

最後の敵は はじめ道路での決戦でしたが、

足場の悪い 自由の女神の肩に飛ばされます

慌てずに敵のパターンを掴みましょう

そしてエンディングへ

元の道路に戻って、自由の女神を見ています

チェルノブ エンディング1
<チェルノブ エンディング1>

「終わってしまった
しかし彼には安住の地はない
走れチェルノブ」

英語っぽいですが ローマ字です

そしてチェルノブが走っている場面になり、

同時に敵キャラ紹介となります

そして最後に、

チェルノブ エンディング2
<チェルノブ エンディング2>

少々かっこ悪い感じの画面で終わります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>