西遊記がモチーフのアクションゲーム/ソンソン

SONSON-1984年(カプコン)

横スクロール型のアクションゲーム

アクションではあるが、強制スクロールなのと

撃ちまくることが攻略であるところは、

シューティングに近いポジション

ソンソン-ゲーム画面
<ソンソン-ゲーム画面>

横スクロールなのに縦画面というのは

不利に感じますが、敵も自身も動きが遅いので

それほど気になりません

操作は 8方向レバーとボタン1つ

左右移動は当然レバーですが、

段の上下移動もレバーで行います

ボタンは撃つのみ

敵が撃った攻撃も撃てるので、

とにかく連射しまくります

<スポンサーリンク>


ソンソンのゲームデザイン

昔のゲームのせいか かなり地味に見える

ゲームですが、1984年という年代では

こんなもんです

このころのゲームのグラフィックは、

1年もあれば 大きく進化してましたね

“西遊記”がテーマ?

1プレイヤー側が猿、2プレイヤー側が豚

となっています

オープニングで仲間が連れ去られます

ソンソン-オープニング
<ソンソン-オープニング>

左から、

孫悟空・沙悟浄・(誰?)・三蔵法師・猪八戒

と思われます

真ん中は誰? もしかして馬?

ゲームが始まると、「LET’S GO TENJIKU!」

と表示されるので “天竺”を目指すようです

ルームガーダーが一応の区切り

ある程度進むと、スクロールが止まり

敵の攻撃が厳しくなります

ソンソン-一応の区切り
<ソンソン-一応の区切り>

すべてのドアを破壊すると進みます

時間が経つと 壊してなくても進むので、

どこか1箇所だけでも何とかなります

隠れキャラもあるぞ

何もないところを通過すると

たけのこが生えてきます

ソンソン-たけのこ
<ソンソン-たけのこ>

一応、隠れキャラです

前年に登場したゼビウスの隠れキャラ “ソル”が

“たけのこ”と呼ばれてたためでしょうか

<スポンサーリンク>


ソンソンの最後はどうなる?

区切りがなく、延々と進むゲームですが

ゴールがあります

最後はお釈迦様?

最後は敵のボスではなく、お釈迦様らしき

キャラの登場です

ソンソン-ラスト-お釈迦様
<ソンソン-ラスト-お釈迦様>

倒すのではありません

左手に “お経”らしきものを持っているのを

矢印で伝えています

これを取るとクリアです

エンディングは・・・

たったこれだけです

ソンソン-エンディング
<ソンソン-エンディング>

「CONGRATULATION」

下側に連れ去られた仲間

(不明)、三蔵法師、沙悟浄、がいるので

救出したことになってるのかな

この後、2周目になります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>