ヘリコプターを意識した筐体/サンダーブレード

Thunder Blade-1987年(セガ)

疑似3Dグラフィックのシューティングゲーム

このころセガが得意としてた、

体感ゲームと呼ばれた大型筐体シリーズの一つ

本作の筐体は、画面を見下ろす形状で

プレイヤーはヘリコプター感を味わえる

サンダーブレードはヘリコプターの名前

サンダーブレード-ゲーム画面
<サンダーブレード-ゲーム画面>

操作は操縦桿と 速度調整のスロットル

操縦桿には 攻撃ボタンが2つあり、

弾制限無しの機関銃と 弾制限ありのミサイル

<スポンサーリンク>


爽快! サンダーブレード

ステージ内に 上から見下ろしの2Dモードと

後方から自機を見る 3Dモードがあります

少々操作が変わりますが、

どちらもよく出来てます

2Dモードは よりヘリ感

見た目、2Dシューティングと同じような

感じですが、下降と上昇があります

操縦桿を前に倒すと下降します

サンダーブレード-2D-下降
<サンダーブレード-2D-下降>

操縦桿を引くと 上昇します

サンダーブレード-2D-上昇
<サンダーブレード-2D-上昇>

これは、ヘリを操作している感じが出てます

前後移動は強制スクロールします

3Dモードは ビルをすり抜ける

2Dとは違い、操縦桿は純粋に自機の移動です

サンダーブレード-3Dモード
<サンダーブレード-3Dモード>

スロットルで速度調整が出来るので、

前後にも操作してる感じがあります

疑似3Dのゲームですが、操作に関しては

3D感の高い操作を実現しています

ステージボスは超大型!

ゲーム構成は、1ステージ内で

2Dモード → 3Dモード → ステージボス

となっています

ステージボスは、2Dモードで さらに、

上昇下降ができないモードになります

サンダーブレード-ステージ3ボス戦
<サンダーブレード-ステージ3ボス戦>

超大型の敵ですが、本体が動いたりしませんので、

固定の敵がたくさんいるだけと考えていいでしょう

<スポンサーリンク>


サンダーブレードの最後は?

全4ステージ(さすがに短い?)

コンティニューが その場再スタートなので、

最後を見ることは「誰でも」可能です

最終ボス戦へ

ステージ4だけ、3Dモードのボス戦です

サンダーブレード-ステージ4ボス戦
<サンダーブレード-ステージ4ボス戦>

他のステージよりかは長期戦ですが、

ラスボスと考えるとアッサリ終ります

そしてエンディングへ

夕日をバックに下からヘリが現れます

サンダーブレード-エンディング
<サンダーブレード-エンディング>

その後、夕日に向かって飛んでいきます

ヘリ見えなくなると画面奥から

「THE END」という文字がやってきます

特にメッセージなどはありません

シンプルな終り方ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>