雷電系?のシューティング/サンダードラゴン-雷龍

THUNDER DRAGON-1993年(テクモ)

縦スクロール型のシューティングゲーム

究極タイガー雷電などの流れを汲むスタイル

しかし製作メーカーなどは異なる

本作はテクモブランドだが 製作はNMK

サンダードラゴン-ゲーム画面
<サンダードラゴン-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは通常ショットと 弾制限ありのボム

<スポンサーリンク>


サンダードラゴンをやってみる

この手のゲームにありがちな、

自機のパワーアップ型です

強くなれば有利ですが、一度やられると

一気にパワーダウンで、やる気も失います

どれが理想? 一長一短?

数字の書いたアイテムを取るとショットが

どんどんパワーアップしていきます

最終的な武器は 3通りか4通りあるのですが、

どれも決め手に欠けます

・ 斜めレーザー

サンダードラゴン-武器1
<サンダードラゴン-武器1>

画面全体をカバーしてくれそうですが、

狙ったところに当たってる気がしません

・ 横一列ミサイル

サンダードラゴン-武器2
<サンダードラゴン-武器2>

これは、前方に広範囲という

一見優れた武器に見えますが、

弾が出るのにタイムラグが大きすぎます

・ 前方のみに炎

サンダードラゴン-武器3
<サンダードラゴン-武器3>

範囲が狭く、一番ありがたくない武器に

思いましたが、連射もあるし

特に弱点がない意外と使える武器でした

<スポンサーリンク>


サンダードラゴンの最後は?

全8ステージ

前半こそ楽に進めましたが、

後半はかなり難しくなります

ステージ8、激ムズステージ

ここまでと比べると 極端に難しくなります

まるでステージボス戦がずっと

続いているような感じです

これを突破すれば本当のステージボスです

サンダードラゴン-ステージ8
<サンダードラゴン-ステージ8>

ここでボムが残っていれば楽勝ですが、

ほとんど使い切っているでしょうね

そしてエンディングへ

まずはスタッフ紹介になります

サンダードラゴン-エンディング1
<サンダードラゴン-エンディング1>

その後、これで終了しました感の画面に

サンダードラゴン-エンディング2
<サンダードラゴン-エンディング2>

いやあ、大変でした・・・というより

コンティニューしまくりました!

ムズすぎっ!

これで終わりではなかった?!

この後、ステージ9が始まります

サンダードラゴン-ステージ9
<サンダードラゴン-ステージ9>

と思ったらステージ1の色違いのステージです

(2周目と言えるのかな)

敵の攻撃は凄まじくなってます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>