「ONI」シリーズ?/隠忍-ザ・ニンジャマスター

METAMOQESTER (Oni-The Ninja Master)

1995年(バンプレスト)

格闘ゲーム風のアクションゲーム

ゲームスタイルは格闘ゲームだが、人どうしの

戦いではなく、次々と現れる敵を倒していく

2人プレイでも協力プレイとなる

タイトルの「隠忍」はオニと読む

RPGの ONIシリーズのスピンオフ的な存在

ザ・ニンジャマスター-ゲーム画面
<ザ・ニンジャマスター-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーとボタン 4つ

<スポンサーリンク>


ザ・ニンジャマスターをやってみる

格闘ゲームのようで対戦型ではない、

というのがこのゲームのシステムです

「究極戦隊ダダンダーン」(1993年コナミ)と

似ています

キャラクターセレクト

まずはプレイヤーを 3人から選びます

ザ・ニンジャマスター-セレクト画面
<ザ・ニンジャマスター-セレクト画面>

選べるのは、天地丸・海王丸・雪姫で

それぞれ長所が違います

今回は 雪姫でやってみました

5つのステージに挑みます

ゲーム開始時にルーレットのように

ステージが選択されます

ザ・ニンジャマスター-ステージセレクト
<ザ・ニンジャマスター-ステージセレクト>

最初の敵は “源五郎”で場所は “JAPAN”ですね

こんな感じで 2面以降は、

・ チチカカ (INCA)
・ アイスバイタ (ANTARCTIC)
・ ブロッケン (GERMANY)
・ ビクトル (BRITAIN)

となり、5戦戦います

5戦まで すべて大型の敵

これは不公平な感じはしますが、

そもそも格闘ゲームではなく

アクションゲームのボス戦に似たスタイルです

ザ・ニンジャマスター-ステージ5
<ザ・ニンジャマスター-ステージ5>

だいたいの敵はリーチがあり、

距離があると不利な気がします

接近戦に持ち込むほうが戦いやすいでしょう

<スポンサーリンク>


ザ・ニンジャマスターの最後は?

5戦が終わるとボス “伏姫”戦です

こいつだけ大型キャラではないのですが・・・

ザ・ニンジャマスター-ステージ6-1
<ザ・ニンジャマスター-ステージ6-1>

なんでキューピー人形みたいな姿なのでしょう

“姫”なのに・・・

ゲームのバックグランドを知らないと

理解できないのでしょうか

強すぎるぞ、“伏姫”!

まあ、格闘ゲームの最終戦は 格段に強いキャラと

対戦するのが一般的ですが、

本作の “伏姫”は手も足も出ません

ザ・ニンジャマスター-ステージ6-2
<ザ・ニンジャマスター-ステージ6-2>

この画面の状態になれば 本当に何もできず

やられてしまいます

攻略としては、こちらの連続攻撃を当てて

この姿にさせないことでしょうか

勝利すると(雪姫の場合)、

「ペペ平和に戻るのね・・これで」

というセリフがあります

(ペペは引き連れているキツネの名前です)

そしてエンディングへ

シナリオがよくわからなかったのですが、

セリフが続きます

ザ・ニンジャマスター-エンディング
<ザ・ニンジャマスター-エンディング>

「これで伏姫も安らかに眠れるわ・・」

「ペペ!お爺ちゃんとこに帰るわよ!」

で、スタッフロールになります

そして ゲームは完全終了です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>