大阪でファイナルファイト/バーニングファイト

アーケードゲーム

Burning FIGHT-1991年(SNK)

 

横スクロール型のアクションゲーム

 

ベルトスクロールアクションと呼ばれるタイプ

 

背景が 大阪の中心街の描写となっている

 

バーニングファイト-ゲーム画面
<バーニングファイト-ゲーム画面>

 

操作は 8方向レバーと ボタン3つ

 

バーニングファイトをやってみる

 

アクションゲームとしては、

一般的なファイナルファイト系です

 

ダメージを食らった後の処理が不親切で、

連続してダメージを食らうことも多いです

 

相手と距離の取れる武器を持つことで

なんとか対応できます

 

回復アイテムが出やすい点が救いです

 

それと、本作の楽しみは

“舞台が大阪” であるという点ですね

 

ステージ1、大阪ミナミ

 

グリコの看板(と思われる)があります

 

バーニングファイト-ステージ1
<バーニングファイト-ステージ1>

 

画面右上です

 

これ、注意深く見てないと見逃しますよね

 

ということは、画面奥へ続く道路は

“戎橋” でしょうか?

 

ステージ2は梅田?

 

ここは泉の広場でしょうか?

 

バーニングファイト-ステージ2-1
<バーニングファイト-ステージ2-1>

 

待ち合わせ場所っぽく、

公衆電話がたくさんあります

 

時代ですねえ

 

今の “泉の広場”は 噴水がないそうです

 

そしてムービングウォークへ

 

バーニングファイト-ステージ2-2
<バーニングファイト-ステージ2-2>

 

このまま行くと、

阪急電車に乗っちゃいそうですけど・・・

 

バーニングファイト-ステージ2-3
<バーニングファイト-ステージ2-3>

 

乗ったようです(電車の上にですが)

 

駅名が “うみだ”になってるので、

やはり梅田をイメージした描写です

 

次は “十三”ではなく、“十二”ですね

 

バーニングファイトの最後は?

 

全5ステージ

 

残念ながらステージ3,4,5 は、

大阪の何を(どこを)イメージしているのか

わかりませんでした

 

オリジナルなのかも

 

ステージ5、ラスボス戦

 

ステージ5は船の中での戦いです

 

最終地点で待ってたのは、

 

バーニングファイト-ステージ5
<バーニングファイト-ステージ5>

 

彼です

 

まさかラスボスとは思いませんでした

 

ステッキ(杖?)が銃になっていて、

この攻撃だけは やっかいです

 

そしてエンディングへ

 

ラスボスを倒すと、

ステージボスの画像とともに

スタッフ紹介になります

 

バーニングファイト-スタッフ紹介
<バーニングファイト-スタッフ紹介>

 

で、最後にこんな画面で終わります

 

バーニングファイト-エンディング
<バーニングファイト-エンディング>

 

「THANK YOU FOR
PLAYING NEO GEO」

「PRESENTED BY SNK CORPORATION」

 

これで完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました