本宮ひろ志のマンガをゲームに/天地を喰らう

Tenchi wo Kurau(Dynasty Wars)-1989年(カプコン)

横スクロール型のアクションゲーム

マンガ「天地を喰らう」のタイトルそのまま

ゲーム化された作品

同年にファミコン版の「天地を喰らう」も

発売されてますが、こちらはRPGになっており

まったく別ゲームです

天地を喰らう-ゲーム画面
<天地を喰らう-ゲーム画面>

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

ボタンは左攻撃と右攻撃

あまりない操作方法ですが、これは便利!

逃げながら攻撃する、というのが可能です

<スポンサーリンク>


天地を喰らうは三国志

そもそも三国志のマンガなんですが、

私は三国志もマンガも知らないでやってみました

プレイヤーセレクト

張飛、劉備、関羽、趙雲、 から選びます

天地を喰らう-プレイヤーセレクト
<天地を喰らう-プレイヤーセレクト>

まあ、よく知らないので「張飛」でやってみます

「張飛」の説明はデモ画面でもあります

天地を喰らう-デモ画面
<天地を喰らう-デモ画面>

平仮名ばっかりで

読みにくい!

ステータスをグラフ表示するほうが

よかったのでは?

まずは程遠志を討ち取れ!

ラウンド1では最終地点で程遠志と戦います

天地を喰らう-ラウンド1-1
<天地を喰らう-ラウンド1-1>

「俺様は黄巾党の将 程遠志だ。」

「そしてわしが副将の鄧茂だ。」

「のぞみどおり相手になってやる。
野郎共かかれ!

そして勝利へ

天地を喰らう-ラウンド1-2
<天地を喰らう-ラウンド1-2>

なんて残酷な・・・

こんな感じで各ラウンドでは最終地点にいる

ボス戦をこなしていきます

<スポンサーリンク>


天地を喰らうの最後は?

全8ラウンド構成です

コンティニューすると その場から復活できる

ので、コンティニューしまくれば誰でも

最後まで到達可能です

ラウンド8で董卓戦

「よく来たな小僧、
ここまで来れたことをほめてやるわ」

天地を喰らう-ラウンド8-1
<天地を喰らう-ラウンド8-1>

「しかし所詮そこまでだ。
わしがじきじきに相手にしてやる。」

「かかってくるがよい。」

「とうとうおいつめたぞ 董卓!!」

「お前の野望も、今日までだ。
この剣が、お前を打ちくだく。」

ラスボス(董卓)戦、勝利!

「き、貴様ごときに打ち倒される
と、と、董卓ではないわ」

「わしは、帝王董卓。 帝王は、
決っして 地に つか ぬ」

天地を喰らう-ラウンド8-2
<天地を喰らう-ラウンド8-2>

これ、どういう意味なんでしょう?

そしてエンディングへ

城が沈んでいく画面になります

天地を喰らう-エンディング1
<天地を喰らう-エンディング1>

「我々の大勝利だ!
勝ちどきをあげろー!」

「うおおっ おおおっー!
うおおおおおおっーー!」

「逆賊、董卓の野望は、劉備軍の活やくで
郿塢城と共に打ちくだくことができました。」

これで終わったような感じなんですが・・・

次回作への布石

「董卓め、やはりくたばりおった・・・
所詮、やつは、帝のうつわでは、
なかったってことか。

フフ・・・。これでもはや中原は、
俺の手中にあるのもとうぜん。」

「しかし、劉備の軍ども、なかなか
やるわい。

天下をねらう俺にとって大きな
わざわいとなるかもしれぬ。

やつとは、いずれ、雌雄を決っす
る時が、くるだろう。
フッフフフフ」

天地を喰らう-エンディング2
<天地を喰らう-エンディング2>

「中原を手中におさめたと、ごう語するこの男
とは、いったい誰なのか?

まだまだ乱世は、続くのだろうか・・・?」」

「この戦いが、まだ三国時代突入の序章にしか
ずぎないことを、劉備達は、知るよしも
なかった。」

「天 地 を 食 ら う 第 2 弾 !!
- 赤 壁 の 戦 い -

お 楽 し み に 。。。 完」

これでゲームオーバーになります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


<スポンサーリンク>