ゼビウスに似すぎの長時間ゲーム/XXミッション

アーケードゲーム

XX MISSION-1986年(UPL)

ダブルエックスミッションと読む(たしか)

 

縦スクロール型のシューティングゲーム

 

自機は 空中用ショットと地上用ミサイルで

攻撃していくゼビウス方式

 

XXミッション-ゲーム画面
<XXミッション-ゲーム画面>

 

XXミッションをやってみる

 

このころ、ゼビウスで確立された

このスタイルの縦シューティングが、

各メーカーから登場しています

 

本作もその一つです

 

ゼビウス(をパ○ッたと言えるほど)に

かなり似ています

 

「ゼビウス + 1942

と言ったところでしょうか

 

いったい何のミッション?

 

タイトルに「ミッション」とあるので

何らかの結果を出して ゲーム終了、

みたいに思ってましたが、

ストーリー的な説明など一切ありません

 

デモ画面でも、ゲームを開始しても・・・

 

しょうがないのでネットで検索しますが

それでもわかりませんでした

 

延々と続く苦行(?)

 

昔のゲームは 同じことを延々とやる、

みたいなのは多いです

 

残念ながら、本作もそれでした

 

・ 面の区切りがない
・ 同じ敵の繰り返し
・ 背景の変化も乏しい
・ 長い!

というのがプレイした感想です

 

でも、最後は報われましたよ!

 

巨大戦闘機の登場

 

区切りがない、変化もない、

という状態だったので

これはありがたいイベントです

 

XXミッション-巨大戦闘機
<XXミッション-巨大戦闘機>

 

今見ると、

たいしたことないかも知れませんが、

当時としてはデカいキャラですね

 

今度は巨大戦艦か?

 

ゆっくりと登場するので

 

XXミッション-戦艦1
<XXミッション-戦艦1>

 

「これは巨大戦艦か?」

と期待しましたが、

 

XXミッション-戦艦2
<XXミッション-戦艦2>

 

「え、これだけ?」

 

まあ、大きいっちゃ大きいですかね

 

XXミッションの最後は?

 

まさか、最後があるゲームとは

思いませんでした

 

最後が何面なのかは わかりません

 

ペンギンがいるぞ?

 

ペンギンかどうかハッキリしませんが

 

XXミッション-ペンギン
<XXミッション-ペンギン>

 

画面右上にいる極小のヤツです

 

撃ってみましたが反応なしです

 

で、この演出が本ゲームの最後となります

 

いったい何なんだろう?

 

そしてエンディングです

 

ラスボスは いませんでしたね

(そもそもステージボスもいませんでした)

 

XXミッション-エンディング
<XXミッション-エンディング>

 

CONGRATULATIONS!

YOU ARE THE GREAT AND
EXCELLENT PLAYER!
AND YOU ARE SPLENDED
SPPERRIOUR CONSPCUOUS
AND PERSISTENT PLAYER!
THE FOLOOWING IS THE
XX MISSION FOR YOU
LET’S TRY ANYTHING ELSE
WITHOUT THE VIDEO GAME

 

グーグル翻訳の前に、

英単語のスペルを指摘されました

 

・ SPLENDED → SPLENDID

・ SPPERRIOUR → SUPERIOR

・ CONSPCUOUS → CONSPICUOUS

・ FOLOOWING → FOLLOWING

ではないでしょうか?

 

だとして翻訳すると、

 

おめでとう!

あなたは素晴らしくて
優秀なプレーヤーです!

そして、あなたは素晴らしい優れた
目立つそして永続的なプレーヤーです!

以下はあなたのためのXXミッションです

ビデオゲームなしで
他の何かを試してみましょう

 

「XXミッションとは何だったのか?」

が、これでわかると期待したのですが、

ゲームばっかりするなと

怒られた感じです

 

これでゲームオーバーになります

コメント

タイトルとURLをコピーしました