対戦型シューティング/ティンクルスタースプライツ

アーケードゲーム

TWINKLE STAR SPRITES-1997年(SNK/ADK)

 

縦スクロール型のシューティングゲーム

 

シューティングなのに “対戦型”という

変わったシステムなのが特徴

 

操作は 8方向レバーと ボタン2つ

 

ティンクルスタースプライツをやってみる

 

まず気になったのがデモ画面です

 

これが主人公のようです

 

ティンクルスタースプライツ-デモ1
<ティンクルスタースプライツ-デモ1>

 

そしてさらに、こんなキャラも

 

ティンクルスタースプライツ-デモ2
<ティンクルスタースプライツ-デモ2>

 

これは、

大人がやってはいけない

ゲームなのでは?

という感じです

 

しかも、オッサンが・・・

 

いや、むしろオッサンを

ターゲットにしたゲームなのか!?

 

セレクト画面

 

ゲームを始めると

まず 3つのモードを選びます

 

ティンクルスタースプライツ-セレクト
<ティンクルスタースプライツ-セレクト>

 

・ キャラクターモード
・ ストーリーモード
・ たいせんモード

 

まあ、1人プレイなので

「ストーリーモード」をやってみます

 

ステージ1

 

まず、会話があります

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ1-1
<ティンクルスタースプライツ-ステージ1-1>

 

ティル
「ロードラン!ここで会ったが百年目!」

 

ラン
「あっ!お前はドラゴン娘のリアリー・ティル」
「ドラピーまでどうしたの?」

 

「どうもこうも私とあなたの国は
1万年前から敵同士!」

「覚悟しなさい!」

 

「落語?」

 

「キィーーッ!カクゴよ!!」

 

ここでやっとゲームが始まります

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ1-2
<ティンクルスタースプライツ-ステージ1-2>

 

左側がプレイヤー、右側が敵(コンピュータ)

という画面構成です

 

何も考えずにシューティングしてると、

いつの間にか勝ってしまいました

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ1-3
<ティンクルスタースプライツ-ステージ1-3>

 

後でわかったのですが、連爆で敵を倒すと

対戦相手側に火の玉攻撃をお見舞いできる

という仕掛けになっています

(逆に食らうこともあります)

 

ぷよぷよシステムに準じてますね

 

本作はシューティングゲームそのものを

クリアするのではなく、

「対戦相手を負けさせる」

ということでクリアとなります

 

ステージ6、ついに変身!

 

“メヴィウス神殿” にたどり着きます

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ6-1
<ティンクルスタースプライツ-ステージ6-1>

 

メヴィウス
「コンティニューもなしで来るとは
かなりの使い手だな!」

(※最低レベルでプレイしています)

 

「だが王女みずからくるとは思わなかったぞ」

 

「あーーどうしようーーもう
ほうきも折れちゃったし」
「とべないーー」

 

ラビキャット
「メヴィウスはティンクルスターの
本当の力を知らないニャアー!」

「今こそ伝説の光の王女“スプライツ”
になるニャ!」

 

「田園の日差しの農場?」

 

「ふざけるニャーーーー!!!」

 

「ティンクルスターよ!」

 

「ゲッまぶしいーー!」

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ6-2
<ティンクルスタースプライツ-ステージ6-2>

 

「いくわよ!メヴィウス!」

 

ここで ステージ6が始まります

 

なんとなくラスボスっぽいヤツでしたが、

まだ終わりではないのです

 

ティンクルスタースプライツの最後は?

 

全7ステージ(ストーリーモード)

 

1ステージの決着が早くつくと

かなり短いシューティングとなります

 

最終ステージ7

 

“ワンダーワールド” という場所に行き、

毎度の会話があります

 

「ママ!一体どうしたの!?」

 

「フッ!伝説の“スプライツ”になっても
私の魔力に勝てると思って?」

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ7-1
<ティンクルスタースプライツ-ステージ7-1>

 

「私の暗黒パワーで女王はしもべとさせてもらった!」

「おどろいたか!ハッハッハッハッ!!腰がーーーー」

「イテテテテ・・・」

 

「スプライツ対スプライツ・・
女王の力は強大ニャー」

 

「鏡台だろうが兄弟だろうがやるっきゃない!」

 

「最後までダジャレかニャー!!」

 

ここで最終ステージが始まります

 

ティンクルスタースプライツ-ステージ7-2
<ティンクルスタースプライツ-ステージ7-2>

 

前ステージあたりから難しくなった気がします

 

ですが、敵側から放たれる火の玉をかわせば

十分勝機はあります

 

そしてエンディングへ

 

「やったわ!」

 

「女王を操っている暗黒パワーを破壊したニャ!」

 

「で、でももう魔力が・・」
「ない・・・」

 

ラン(主人公)は空から落下していきます

 

ティンクルスタースプライツ-エンディング1
<ティンクルスタースプライツ-エンディング1>

 

???
「ランさん危ない!」

 

と、誰か知らない人が言い放つと

ママが救出に現れます

 

ティンクルスタースプライツ-エンディング2
<ティンクルスタースプライツ-エンディング2>

 

「ラン・・・よくやってくれましたね」

 

「ママ!」

 

場面が変わり不可解な生き物2人

 

ティンクルスタースプライツ-エンディング3
<ティンクルスタースプライツ-エンディング3>

 

「さすがは光の王女!!
よく世界を救ってくださいました」

 

「私達の住む場所は暗黒の影響を
少し受けてしまいましたが、
負けずにがんばってゆきます!」

 

また場面は変わり、ランたちです

 

ティンクルスタースプライツ-エンディング4
<ティンクルスタースプライツ-エンディング4>

 

ティンクルスター
「ヘイヘイみなはん!
ワテを忘れていてまんやないでっかーっ?」

 

「ティンクルスター!」

 

「復活したんだニャ!」

 

「助けてくだはったお礼に
なんでも願いをかなえまっせーっ!」

 

「よかったニャ!!ランちゃん!」
「かっこいいボーイフレンドでも
超でっかいチョコレートでも
なんでもお願いするニャ!」

 

「ううん・・ラビキャット、
わたしの今の願いはね・・」

 

場面が森に変わり、

 

「暗黒はワテが明るくしまっせー!」

 

そして先程の知らない人が再び登場

 

???
「ランさん、まぁ気を落とさずに、
かっこいい恋人なら
ここにいるじゃないですか!」

 

「シュミット!」

「もう・・・」

 

これで会話は終わりです

 

この後、スタッフロールになり

ゲームのほうも完全終了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました